レーザーポインターのあなたの知りたいに全てお答えしていくサイトです!

超ウルトラスーパー高出力なレーザーポインターでは..一体何が出来るのか?

ちょっと桁違いな..クレージーなレーザーポインターをYoutubeで発見してしまいました。

styropyroと言うYoutubeチャンネルを運営している米国イリノイ大学のDrake Anthonyさんは、超が10個くらい付きそうな大のレーザー好きで、物理や電気にも詳しくて、しかも好奇心旺盛!
だからeBayなどのオークションなどで安く部材を集め、とんでもないレーザーポインターを数多くDIYしては、こちらのYoutubeチャンネルで披露しているのです。

その中でもこちらのレーザーポインターは桁違い!!

最初のDIYしている部分は飛ばして、このクレージーな超ウルトラスーパー高出力レーザーポインターが出来る内容が見られるのがこちらから。

マッチに火が点いたり、風船が割れたり、紙が焼けたり、テープを切ったり、木が焼けたり、肉が焼けたり、ガラス瓶を焼き切ったり、鉄板に穴を開けたり..そりゃするでしょ、これだけの高出力であれば!!!

どうやらこちらのDIYレーザーポインターは、日亜化学工業のNUBM31Tを組み込んでいる様ですから、455nmの波長で推定95W程の出力となっているのではないでしょうか!!!!

わかりますか、このクレージーさ???

日本で販売されているレーザーポインターは1mW未満です。
..つまり95Wとは95,000mWですから、日本で販売されているレーザーポインターの9万5千倍もの出力なのです、しかもブルーレーザーと言う超強力な短い波長で!!!!!

Drake Anthonyさんはレーザー用の保護メガネを掛けてはいましたが、この出力は裸眼であれば一瞬掠めただけでも、若しくはちょっと何らかに反射してしまった光が入ってしまっただけでも失明まで有り得るのでは無いでしょうか。
本当に笑えない、間違い無く恐ろしい兵器です!!!!!!

まあ真似したくとも出来るレベルでは無いとは思いますが、色々な意味で恐ろしいですね..気をつけられるとも思いませんが、兎に角気をつけなければなりませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です